ブログ

総務委員会にて質問

カテゴリー : 未分類

きょう午前、総務委員会にて質問に立つ。

総務委員会とは「総務省」の所掌事務を扱う委員会で、放送やNHKも対象。

NHKの国際放送の内容を「日本について正しい認識」が広まるようにすべき、と訴えた。

「NHKワールド」の視聴状況は中国CCTVに後れを取っており、日本文化や若者ファッションなどクールジャパンだけでなく「領土や拉致、慰安婦問題の事実」など恒常的に世界に発信すべきだ。

 

衆議院中継にてご覧いただけます。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

 



本日10月15日(水)22時から BS日テレ 『深層NEWS』に生出演します。

【テーマ】慰安婦…誤解どう解く 新たな「談話」の是非【ゲスト】小池百合子(自民党・衆議院議員)
渡辺周(民主党・衆議院議員)

【番組HPより】http://www.bs4.jp/shinsou/
今月3日、安倍首相はいわゆる従軍慰安婦問題に関する「河野談話」について継承すると改めて強調しました。

しかし首相に近い筋からは「新たな談話を出すことで結果として“骨抜き”に」という声も聞かれるなど新談話の必要性や河野談話の見直しを求める声が出てきています。

慰安婦問題をめぐり海外に広がった日本に対する“誤ったイメージ”を払拭するために新たな談話を出すべきなのか?

失われた国益を回復するために日本が発信すべきメッセージとはなにか?徹底討論します。

是非ご覧ください。


きょう午前、山谷・拉致担当大臣はじめ古屋、松原仁歴代大臣も出席して拉致議連の役員会が開かれ、会長代行として出席。

外務省から北朝鮮の再調査の進展を聞く。

北朝鮮の不誠実な対応に対し、朝鮮総連の幹部再入国禁止や総連ビルの競売凍結解除など、日本側も厳しいカードを見せて交渉しているのかただした。

「ご指摘の趣旨も踏まえている」という役人答弁。

結果も見えてないのに先に制裁を一部解除した政府方針への懸念が募る。

拉致問題は、落としどころを探る”外交交渉”ではなく”国家テロによる犯罪”の被害者奪還。

「日朝国交正常化」のために拉致被害者を犠牲にすることは絶対許さない。

【ラジオ出演】のお知らせ

ラジオ日本の「ラジオ時事対談」に出演します。

パーソナリティーは有泉孝さんです。

テ ー マ
『朝日新聞について』
・慰安婦報道問題について
・東京電力吉田調書問題について
・朝日新聞の報道について
・第4の権力である報道機関をどのように考えるべきか

是非、ご視聴ください。
放 送 局   RFラジオ日本
聴収エリア  1都8県 約3000万人
2014年4月1日からradikoで全国で聞くことができます。
番 組 名   「ラジオ時事対談」
進  行   有泉 孝(放送プロデュサー)
放送日時   9月26日(金)25時00分~26時00分
(正確には9月27日深夜 1時00分~2時00分)

http://www.jorf.co.jp/index.php

朝日新聞の慰安婦報道の一部取り消しについて有志で勉強会。
この問題に22年間取り組んできた西岡力・国際基督教大学教授が朝日新聞検証の検証をした。
内容については教授が執筆した9月1日発売の「正論」原稿を資料としているので詳細は書けないが、国際問題とした朝日新聞の責任は重大であり、記者会見をしてどこをどう取り消すのかはっきりとさせるべき。
また国連やアメリカには朝日が強制連行を虚偽として取り消したことは届いておらず、否定・修正するための対外的な行動をさらにすべき、など意見交換した。

【ラジオ出演】のお知らせ

ラジオ日本の「ラジオ時事対談」に出演します。

パーソナリティーは有泉孝さんです。

テ ー マ

河野談話などについてです。

是非、ご視聴ください。
放 送 局   RFラジオ日本
聴収エリア  1都8県 約3000万人
2014年4月1日からradikoで全国で聞くことができます。
番 組 名   「ラジオ時事対談」
進  行   有泉 孝(放送プロデュサー)
放送日時   7月4日(金)25時00分~26時00分
(正確には7月5日深夜 1時00分~2時00分)

http://www.jorf.co.jp/index.php

6月27日(金)20時よりBSフジ「プライムニュース」に生出演いたします。

テーマは 『“一強多弱”で存在意義は 連携か政界再編か 野党のあり方を問う』です。

秋の臨時国会に向け、野党連携や再編について。

さらに成長戦略や安全保障面などで次々と重要な政策を打ち出す安倍政権に対して、野党は今後どのような戦略で臨むのかが議論になります。

ぜひご覧ください。

BSフジ「プライムニュース」

http://www.bsfuji.tv/primenews/index.html