安全保障


私が会長代行をつとめる拉致議連など主催の拉致救出全国大会が東京・砂防会館で開催され党を代表してあいさつ。

核、ミサイルはアメリカを中心に国際社会の圧力を強めているが、拉致については我が国の独自制裁が必要。

拉致再調査を約束しながら反故にしたストックホルム合意破棄への制裁として朝鮮総連への圧力すべき、と訴えた。

衆院解散の観測が急浮上しているが、北朝鮮の挑発・脅威が増す中で、28日開会予定の臨時国会の冒頭では「対北朝鮮非難決議」を採択する予定。

その後ただちに政治空白をつくることが許されるのか。

あす11時から緊急の外務委員会で質問に立ちます。

0829の北海道越えのミサイル、昨日の核実験、9月9日の建国記念日にまたも弾道ミサイルを撃ったなら、これは”周辺事態”として日本は構えなければならないのでは、と質します。

昨日朝6時前に北朝鮮が北海道を飛び越える弾道ミサイル発射。

危険極まりない暴挙に怒り。

日本のひとつの県並みの財政規模の国がなぜ十数億円もする弾道ミサイルを次々に発射できるのか。

北朝鮮は外貨調達のためにロシア、中国、中東の国々へ国民を出稼ぎ派遣し、そのほとんどを国家が搾取。

資金源を塞ぐには国際社会が労働ビザを発給しないよう圧力をかけること。

北方領土開発や日ロ経済協力で北朝鮮労働者に日本のマネーが流れることないよう徹底した監視が必要。

日露戦争の英雄でもある橘中将をしのぶ「橘祭」が本年も陸上自衛隊板妻駐屯地で行われました。

南スーダンにPKOを送り出した際の訓示を引用し挨拶させていただきました。

国際貢献に参加している我が国自衛隊の姿を見て南スーダン(撤退)、ジブチ(海賊対処継続中)、ハイチ(任務完了)の国々の人は日本という国を理解しました。

順法精神、時間や規律を守る責任感、地域の人と溶け込む包容力継承されることを、日本人の精神性を先人から受け継ぎ、発展されることを祈念します。


この夏、EU議員連盟の国際会議などで渡航する機会があるが、その際に持参する日本人拉致の英語やスペイン語のパンフレット。

米国でも北朝鮮から昏睡状態で解放されたアメリカ人大学生が地元のオハイオ州で死亡し、北朝鮮の残虐な体制に注目が集まっている。

アメリカはもとより各国が拉致という国家犯罪、北独裁の異常性、非道性を共有し拉致被害者奪還を訴える。

日ロ経済協力

カテゴリー : 安全保障, 政治, 活動報告


外務委員会にて。

外務省はロシア全土に北朝鮮労働者が1万1千人いると明らかにしました。

出稼ぎ労働者は北朝鮮の国家プロジェクトとしてピンハネされ外貨獲得の手段です。

昨年12月にプーチンと日ロ経済協力を約束し、北方領土解決のロシアの心変わりを待つアプローチを始めました。

経済協力マネーが北朝鮮労働者を経由して北のミサイル開発に使われることは許されず、経済協力の条件として、ロシア側のパートナー企業なり地方政府が北朝鮮の労働者を排除することを確約させよ、と追及しました。

岸田外務大臣は明確に弁できませんでした。

G7で北への圧力強化を訴えても、我が国からロシア経由で北に日本マネーが流れるのはまさに愚かなこと。

徹底したい。

テレビ出演のお知らせ。

5月22日(月)23:15~24:15

テレビ朝日系「橋下✖羽鳥の番組」

テーマは「トランプ、北ミサイル、韓国新大統領」。

昨日、収録がありました。

ぜひご覧ください。

番組HP

http://www.tv-asahi.co.jp/hashimoto-hatori/