ブログ

議院運営委員会

カテゴリー : 政治

 

衆議院院内食堂の風景

 

議院運営委員会、通称ギウンの仕事は本会議の開会や同意人事のみならず国会内のことすべてを所管。食堂などテナント選定もある。

5年おきに公募しているが、ほぼ独占でありながら、マーケットが小さく、国会閉会中はガタッと客足が減ることもあるようで一概にオイシイともいいきれないらしい。うまいまずいは千差万別だが、サービスや態度のよしあしは利用者(議員、秘書、記者、参観者などなど)の声を尊重すべきで、これまで事務方(衆議院事務局)が主導しており、利用者はどうも軽んじられていた傾向がある。質の向上には適切な競争が必要。

また本日の理事会で言及したが、日銀総裁人事が提示された場合、先週の公取、会計検査院では一会派3分であった聴取時間を大幅に確保しなければならない。

世界で例のないインフレターゲットをもくろむ”中央銀行総裁”の所信だけにみっちりやる。

同意人事ルール

カテゴリー : 安全保障, 政治

「山陰中央新報」インタビュー記事 クリックしていただくと記事がご覧になれます。

 

本日、与野党で国会の同意人事ルールが合意され、衆参議院運営委員長が署名した。

決められる国会の実現が急務であり、各党各会派で汗をかいた方々に経緯を表したい。

今週金曜22日は竹島の日、松江市で開かれる式典に出席すべく準備している。

超党派で国家と国会の意思を示すことが必要だ。

世界別冊

カテゴリー : お知らせ, 政治

岩波書店 「世界」別冊 ~政治を立て直す~

発売中の岩波・世界別冊に民主党敗北の総括について、私のインタビューが4ページにわたって掲載されています。

タテマエ言ってもいまさら仕方ないので、かなり赤裸々に話しております。

日本EU会議

カテゴリー : 政治

リード・スピーカーとして拉致問題を訴える

EU議員団の一行が来日し、本日、衆院第一議員会館の国際会議場で議員会議が開かれ、スピーチを行った。

テーマは北朝鮮による日本人拉致問題。欧米人も被害にあっており、コペンハーゲンで有本恵子さんらは言葉巧みに北に連れていかれた。

核実験のみに国際社会は関心が集まるだろうが、拉致という国家テロの事実に、被害当事国の日本が声を大にして繰り返し訴え続けなければならない。

北朝鮮核実験

カテゴリー : 安全保障, 政治

きょう正午前に北朝鮮が核実験、続いて短距離ミサイルを発射したとの情報も。

日本国民の意思として衆参両院で非難決議を行うが、非難決議の文言を決めることも議院運営委員会の所管であり、さっそく自民党の筆頭理事と協議。

かなり厳しい言葉となるだろう。

あのの国は本当に理解不能だ。

サタずば出演

カテゴリー : お知らせ

あすTBS(5時45分から)・みのもんたのサタデーずばっとに出演。

テーマは中国艦船レーダー照射など。

ぜひ、ご覧ください。
TBS みのもんたのサタデーずばっと
2月9日土曜日 05:45~07:30放送
番組ホームページ
http://www.tbs.co.jp/zubatto/

レーダー照射

カテゴリー : 安全保障

テレビ朝日「モーニングバード」の取材を受ける

海上自衛隊・護衛艦に対し中国艦からのレーダー照射。

砲撃の前提となる準軍事的行為であり、これまでもヘリの近接飛行などの威嚇はあったが、ここまでエスカレートすると偶発的事態を招きかねないあってはならないこと。

武器使用の交戦規程でもトップに位置する緊迫段階であり、抗議は当然のことだが、中国の非常識を世界にさらすだけで、南シナ海での対立を含め世界中に警戒感が増すばかりだ。

国会見学

カテゴリー : 政治

きょうは麻生財務大臣への各党代表質問。

補正予算への賛否は今後の予算委員会の質疑でどれだけ納得できる答弁を行うか。

その寸暇に春香クリスティーンさんが代議士会傍聴など国会見学。

スイスで高校生まで過ごした彼女は、EU加盟の是非など自分の国の将来のことだけに高校生は当然議論するが、日本では政治の議論をすることがほとんどない。

成年になって急に選挙や政治に関心を持てと言われてもそれは無理・・としごく的を得た指摘が次々に。

たいへん賢い人であり、だれも感心しない私の国内外政治家グッズコレクションにテンションあげて喜んだことはウレシイ限りだった。

拉致議連

カテゴリー : 安全保障, 政治

超党派の拉致の議員連盟総会が本日、開催され、平沼赴夫代表を補佐する代表代行に推挙された。

拉致問題という非道な北朝鮮のテロ犯罪の解決なくして、いかなる友好的政策も譲歩もあり得ない。

この方から、なぜかお会いしたいとのことで、5日、国会に来られることになった。

政治通で有名なアイドルで知られ、こんなおっさんに会いたいとはなんとも奇特な方だなあ、と思うものの、娘とほぼ同い年。

父親のような心境、背筋の通った、が、”気さくな51歳”として真摯に対応しなければ。

民主党本部やら国会対策委員会の部屋など案内したいが雑然と散らかってて申し訳ないなあ、と思っていたら、

部屋をかたづけられないアイドルなんだそうで、ネットで見たら確かに・・・、良かったのやら悲しいやら。

国会の役割や政治家像、政治の意義を若い視点で発信する一助になれば。

春香クリスティーンさん オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/haruka-christine/