ブログ

国会見学

カテゴリー : 政治

きょうは麻生財務大臣への各党代表質問。

補正予算への賛否は今後の予算委員会の質疑でどれだけ納得できる答弁を行うか。

その寸暇に春香クリスティーンさんが代議士会傍聴など国会見学。

スイスで高校生まで過ごした彼女は、EU加盟の是非など自分の国の将来のことだけに高校生は当然議論するが、日本では政治の議論をすることがほとんどない。

成年になって急に選挙や政治に関心を持てと言われてもそれは無理・・としごく的を得た指摘が次々に。

たいへん賢い人であり、だれも感心しない私の国内外政治家グッズコレクションにテンションあげて喜んだことはウレシイ限りだった。

拉致議連

カテゴリー : 安全保障, 政治

超党派の拉致の議員連盟総会が本日、開催され、平沼赴夫代表を補佐する代表代行に推挙された。

拉致問題という非道な北朝鮮のテロ犯罪の解決なくして、いかなる友好的政策も譲歩もあり得ない。

この方から、なぜかお会いしたいとのことで、5日、国会に来られることになった。

政治通で有名なアイドルで知られ、こんなおっさんに会いたいとはなんとも奇特な方だなあ、と思うものの、娘とほぼ同い年。

父親のような心境、背筋の通った、が、”気さくな51歳”として真摯に対応しなければ。

民主党本部やら国会対策委員会の部屋など案内したいが雑然と散らかってて申し訳ないなあ、と思っていたら、

部屋をかたづけられないアイドルなんだそうで、ネットで見たら確かに・・・、良かったのやら悲しいやら。

国会の役割や政治家像、政治の意義を若い視点で発信する一助になれば。

春香クリスティーンさん オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/haruka-christine/

写真撮影

カテゴリー : 政治

きょう正午からの議院運営委員会に先立ち、議長応接室にて新年度の国会参観用パンフレットのための写真撮影。

国会見学で手にした折には、ちーさく写ってる議院運営委員会の面々を見つけてください。

昨日はBSフジ・プライムニュースに出演、森本敏・前防衛大臣に久々お目にかかる。

ちなみに我々の控え室の左隣はイビョンホン、右隣はキンタロー。だった!

BSフジ「プライムニュース」

渡辺周出演の様子は下記アドレスにてご覧いただけます。

http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d130130_0

拉致対策連絡会

カテゴリー : 安全保障, 政治

きょう午前、総理官邸で政府と超党派による拉致対策の第一回会合に民主を代表して出席。

会場はかつて民主党政権副大臣会議の部屋。国連への働きかけ強化と各種国際会議の場での発信などを意見交換。

ミサイル発射や核実験が懸念されるが、そのたびに拉致問題協議が中断、先送りではいたずらに時間が過ぎるばかりで、国連はじめ国際社会の連携とはいえ悩ましい。

官邸は解決に向けて、あらゆることを考える、と古屋担当大臣。それぞれの持つ人脈、経験、英知を結集したい.

国会始まる

カテゴリー : 政治

 

きょうから通常国会開会。

安倍総理が22分間、所信表明演説。社会保障政策や行政改革には触れず、抽象論に終始していた。

高い支持率で無難なスタートの安倍政権、何をするか、どう結果を出すか、しっかり審議をしていく。

予算折衝など

カテゴリー : お知らせ, 安全保障, 政治

 

きょう夕方、財務省にて麻生財務大臣と国会図書館の新年度予算で要請。

議院運営委員会の野党理事が図書館小委員長を兼ねているので、衆参議院運営委員長らと連れ立っての慣例行事とのこと。

電子書籍の発刊・普及で収集図書が増える分、財政難のおり、経費の徹底した見直しが必要だ。

その直前には30日に出演するBSフジ・プライムニュースの打ち合わせ。

テーマはアルジェリアの事件を受けて邦人保護と自衛隊法の改正。

1月30日(水)20:00~21:54 渡辺周が出演します。ぜひご覧ください。
BSフジ「プライムニュース」http://www.bsfuji.tv/primenews/

 

 

拉致担当

カテゴリー : 安全保障

 来週29日にも総理官邸で開かれる拉致問題対策協議会で民主党を代表して参加する。

 民主党政権時代に松原仁・元拉致担当相が発案し政府のみならず対策本部のある各党にも呼び掛けて解決に向けオールジャパンの意思を示し、汗をかいていくことが肝要だ。

 また日本・E U議員連盟の幹事長に就任し、来月に東京に使節団が来る。

 こうした機会に拉致問題、竹島、尖閣の我が国の正当性の資料を渡し、認識を共有すべくアピールする。

アルジェリア事件

カテゴリー : 安全保障, 政治

 本日、第3回目の党対策本部会合が開かれた。私からは先般指摘した政府専用機の活用は取り入れられ、千歳から羽田に向かい、羽田から途中一カ国経由して18,19時間かけて首都アルジェへ負傷者とご遺体を搬送する。

 専用機を運用する際は事前に一度現地に飛ぶが、今回はアルジェへの運航経験ないがB747が離発着していることやシュミレーターにアルジェ空港が搭載されていることで派遣可能となった。

 犠牲者の氏名公表について、報道の加熱取材により遺族や関係者がこれ以上の精神的に傷つくことがないように報道協定を持ちかけることも考えてはどうか、と伝えた。

 今後は真相究明に全力を挙げる。

18歳以上限定の・・

カテゴリー : 未分類

きょう午後、上野公園にある国際子ども国際図書館を単独視察。ここは国立国会図書館の支部であり、児童書30万冊、海外の児童書もあわせて40万冊の蔵書を誇り、さらに拡張工事中。

私は議院運営委員会が所管する国会図書館の運営を担当する図書小委員長でもあり、来週予定されている国会図書館予算の件で財務大臣との協議をする予定。その準備として国会図書館の概要説明をきのうからヒアリングしていたのだが、聞くうちに改善すべき附に落ちぬことがあり、さっそく出向いてみた。

それは、子ども図書館と名はついているものの資料室・閲覧室は18歳未満お断り、となっているからである。その理由を聞けば『貴重な資料なので毀損されないようにする為』『騒がしくされると、ほかの方に迷惑』『試験勉強しに来られては困る』ウンヌン。私は、年齢で線を引くことにどういう意味があるのか、18歳以上なら誰でもOKで、18歳未満なら、どんなに向学心に燃えていて中学生や高校生という理由でダメなのか。結果、門戸を閉ざすことになるではないのか、と改善を要請。小委員長として議運の場で規則の見直しを取り上げることも検討する。

国会図書館もまた同様になっているが、秩序を乱したり、社会常識に外れた行為をするなら、どこの施設でもするように注意をし、退去させれば良い。そのために警備員がいるのではないか。言うまでもなく国会図書館は国民の税金による公のものである。人こそ国家の財産、教育は百年の計、と言っている国会の付属機関がこれでは絶対いかん。改善する。