ブログ

衆院解散と委員長手当

カテゴリー : 未分類

あすの衆院本会議で解散詔書が読み上げられ、12月16日投開票の解散総選挙となる。

解散は寝耳に水で、正直、大慌ての選挙準備であり、焦るばかり。
かつてないほどの逆風下であり、大きな試練となるが、自らの実績を訴え、有権者の皆様から、”これからも働かせたい、残したい政治家”かどうか審判を仰ぐことになる。

すべりこみだがきょうの衆院本会議で私が取り組んできた委員長手当廃止法案が可決された。

自民党、社民党は反対したが、ねじれ国会の参院では成立が危ぶまれているが、あと一歩でなんとか永田町のあしきルールを改革したい。
土、日も日当6000円の常任・特別委員長はじめ、議長、副議長、事務方のトップである事務総長もなぜか”政治任用”という扱いで日当が発生する。
4年前に開かれたきりで、ほとんど案件のない裁判官弾劾裁判長(国会議員が就任)も同額支給されるなど衆院31人、参院32人あわせて63人。月18万円といえば若手サラリーマンの月収だ。

裁判官訴追委員長と弾劾裁判所長あわせて65人。通常国会150日の場合、65×6000円×150日で約6000万円。100万円の奨学金なら被災地の60人に支給できる。

常に正論健在の立場で臨みたい。

一票の格差

カテゴリー : 未分類

にわかに解散あるのでは?と各社が報道。

しかし最高裁判所から憲法違反状態にあるとされている一票の格差法案を成立させ、区割りや周知期間の設置と言う手続きをして施行して初めて解消される。

違憲状態の結果が発生することを判っていながら解散はありえないはずなのだが。

ひまわりランド

カテゴリー : 未分類

地元沼津の浮島地区では、地域おこしにひまわりの花を一面に咲かせる”ひまわりランド”を始めている。

地元の子供たちはもちろん、他県から足を伸ばす方もいる。スマートインターの設置を地元の皆さんと働きかけているが、その暁にはかなりの名所となること間違いなし。

憲政記念館

カテゴリー : 未分類

あすから憲政記念館で開催される企画展示”昭和その動乱の時代”のテープカットと内覧会に議院運営委員会のメンバーとして出席。

反戦演説で除名された斎藤隆夫氏の資料など興味深い。入場無料、11月30日まで。

 

戦艦ミズーリで交わされた日本の降伏文書。連合国側の署名者のミスで欄が書き直されている。

 

戦後の選挙啓発ポスター

議院運営委員会とは

カテゴリー : 未分類

本会議の開会日程や質疑時間、取り扱う法案などの議題などをいっさい仕切るのが議院運営委員会。

国会の運営すべてがここで決められるが、一般の方に活動を説明するのは難しい。

読んで名のごとくわかる国土交通委員会や農林水産委員会と違って、国会内の会派間の調整など永田町内のインナーな活動は理解いただけない。

それゆえ政治とカネや身を切る改革など目に見える改革を打ち出さなければ、政権与党はなにしてる?となる。

きょうの党政治改革本部では委員長手当の見直しを議院運営委員会の場で提起することが了解されたので、さっそく進めたい。

また特例公債法案が一段落すれば、かねてから提起している国会資産の売却もやろうと高木義明・議運委員長から話があったので、こちらも進めたい。

あすのさたズバ

カテゴリー : 未分類

昨日、TBS・Nスタで取り上げられた衆院の不用施設の件があすのTBS・さたズバでも特集される。

私はVTRでの出演。

当初、衆議院側は、「売却のため財務省に移管するには、うわものを取り壊して更地にしなければならない。

しかし、その予算がない」ことを理由に平成18年に売却決定しながら放置してきた。復興財源にうってつけの”物件”でありながら、売却を加速させなかったわたしたち民主党始め、政治に責任がある。

きょうのインタビューを機に財務省に確認したところ、必ずしも更地にする必要はない、との回答。先送りの理由は何もない。

再び視察

カテゴリー : 未分類

昨日、代々木の旧法制局長公邸と一番町の旧事務総長公邸に党行革チームの長妻昭・元厚生労働大臣、花咲宏基議員と出向く。

TBSのNスタ、さたズバのクルーや藤森祥平アナウンサーらも同行。

震災で倒れたままの石灯篭、朽ち果てた井戸に驚きながらカメラに収めてた。特例公債法案をめぐる緊迫の国会運営だが、委員長手当見直しと並行して売却の手続きを加速させたい。

築昭和8年、年間で1日しか使われない無用の旧法制局長公邸

 

航空自衛隊千歳

カテゴリー : 未分類

10月31日付毎日新聞夕刊に、航空自衛隊千歳の野球チームの記事が掲載されたので、紹介します。

記念盾

カテゴリー : 未分類

防衛省の岩崎統幕長から、防衛副大臣退任にあたっての記念盾の贈呈を受けた。これからも防衛省・自衛隊のサポートに尽力していきたい。