ブログ

番組名  ラジオ時事対談 1422kHz / 50kW  http://www.jorf.co.jp/

放送局  RFラジオ日本
      
テーマ 「拉致被害者を救出できるか」

1、 北朝鮮脅威について
    ・2回のミサイル実験、金正男氏暗殺、核実験の準備

2、 拉致被害者を救出できるのか

    ・自衛隊の邦人救出についての法律について

    ・日本国の覚悟について
          

3、 増大する北朝鮮の脅威から日本国を守るために何が必要か

    ・敵基地攻撃について

    ・有事法制の整備について

    ・日本人の危機意識について

ぜひご視聴ください。

赤ヘル 高橋慶彦さん

カテゴリー : 活動報告

高橋慶彦さん~

昨日都内ホテルで開催された民進党大会の秘書会講師に招かれた元広島東洋カープのスイッチヒッター高橋慶彦さんと。

震災での支援活動で秘書会と縁ができ、ゲスト参加が実現。

高橋さんは2011に千葉ロッテの一軍ヘッドコーチを務めた後、現在は郡山市の会社の広報部長さんでした。

高橋さんをまねくことを事前にキャッチした夕刊紙「日刊ゲンダイ」には、”右と左”のつかいわけの極意、がテーマかと書かれていました。

あの日から6年が経ちました。国立劇場での追悼式典に出席して参りました。

昨年より空席が目立っていたような気がしますが、決して風化させてはなりません。

国旗は議員宿舎の弔旗。

本日9時15分から45分間、外務委員会にて岸田外務大臣に北朝鮮ミサイル発射を受けて質疑。

ミサイルをぶっぱなし、核実験をやるたびに「在北京日本大使館を通して厳重に抗議」「安保理違反であり我が国は断じて容認できない」といつもの主張をしても、北朝鮮はまったく意に介さず、どんどんエスカレートするばかり。

毒ガステロを引き起こした首謀者を神格化している朝鮮学校の認可取り消しや補助金停止、朝鮮総連全員の再入国禁止など厳しい制裁が必要。

衆議院HPでご覧いただけます。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=46754&media_type=fp

 


もっと見る

先週の金曜日、時々出演をするBSフジ「プライムニュース」のパーティーにて。

各界の著名人が参加していましたが、私の好きなテレビ人はやはりこの人。

なんか見てるだけで吹き出しそうな楽しい雰囲気が漂ってます。

「案ずるより 横山やすし」的ダジャレはなく、まじめに森友学園の話をあれこれしました。

河津桜も満開

カテゴリー : 地元情報, 活動報告

有名な河津桜も満開。

河津の海岸からは紺碧の相模湾に浮かぶ伊豆大島。

天気のいい日は伊豆七島の島々がほんとうに近くに見えます。

春も過ぎて初夏を感じることができます。


沼津・大諏訪の天満宮にて「筆供養」がありました。

筆やちびた鉛筆を焚いて供養するものですが、勉強したり、字の上達を願ったり、念のこもったものには愛着もあり、そう簡単にポイと捨てられませんね。

こうしたご供養があってありがたいと思います。


選挙区の最南端・南伊豆町の「桜と菜の花まつり」にて。

ご当地ビールを飲みながら地元の皆さんと交流。
遠く宮城県気仙沼や函館から観光に来られた方々に声をかけられ、みなさん「本当に暖かくてうらやましい」とおっしゃってました。

いつも言ってますが天気の恵みに感謝。

私が本部長を務める党拉致対策本部の総会を開催。

家族会、救う会、特定失踪者問題調査会からそれぞれの会長が参加を頂きました。

この問題に与党野党の対立はありません。

何ら進展のないストックホルム合意は破棄してより強い制裁と国際刑事裁判所への提訴をもとめて国家テロである拉致を動かすべきと考えます。

私は外務省に対して「金正日の料理人がピョンヤンで料理屋を開いたとのことだが制裁をかけながらこんなことが許されるのか」と尋ねても外務省は「あくまで渡航の自粛まで」という回答。

救う会の西岡力さんは「金正男暗殺というテロの首謀者・金正恩と親しく、いわばテロリストと近い関係にあれば旅券の返納命令を出せるのではないか。

よど号犯でそうした例はある」と発言されました。

拉致解決最優先でこんごも実務的に取り組んでまいります。

富士山

カテゴリー : 地元情報, 活動報告

昨日の富士山の日はあいにくの天気でよく見えませんでしたが、「竹島の日」への参加で山陰に向かう2月21日の機内からはこんな風に見えていました。