地方創生特別委員会にて 鉄道・バスカードの互換性を質問

カテゴリー : 地元情報, 政治, 活動報告

本日午前、地方創生特別委員会にて質問に立ちました。

総務省ではJR東日本SUICAスイカに訪日外国人がパスポートナンバーなどの情報を入れて、ホテルや免税店で使えるシステムを開発。

2020までに実用化すべく実証実験に入っているが、地元のJR東日本熱海駅以西はJR東海となり専用精算機を導入しなければならず、

私鉄との互換性もできていません。

伊豆市は自転車競技の会場でもあり、富士箱根伊豆国立公園の周遊ルート、大勢のインバウンドが想定されます。

これを契機にJR東日本と東海が一気通貫で利便性が向上させなければ「お・も・て・な・し」が看板倒れになります。

私鉄や民間バスとも互換できる精算機の導入支援を国土交通省などに求めました。